プロフィール

haru

Author:haru
羊毛フェルトでうさぎモチーフの作品を制作しています!

*iichi*
~作品集~
*お願い*
*ブログランキング*
Facebookページ
社団法人日本手芸協会さまHP
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斜頸。。。42日目

ご訪問ありがとうございます。

う~ちゃんが、斜頸になって、今日で42日目です。
慣れない介護で、毎日慌ただしく
気付けば、一か月を過ぎてました
う~ちゃん
あれから、う~ちゃんの状態はあまり変わっていません。

一日に何度もローリングをしたり、真っ直ぐ歩くのもやっとで、
トイレも行く事も出来ないし、お水も自力で飲む事が出来ません。
少し左足が少し麻痺してきているようで、這うようにしてヨロヨロと歩きます。

先週の土曜日、いつもの様に電話で担当の先生にう~ちゃんの症状をお話して、
お薬だけ処方していただく予定でした。
でも、先生から、お薬の投薬はもう既に1ヵ月過ぎていて
このままお薬を飲み続けていても意味がないので、もうお薬は終了です。
と言われてしまいました
その時は当然、先生は別の処置を考えてくださっていると思っていました。

でも、どうやら違っっていたようで、
先生の考えでは、発症から1ヵ月程は投薬を続けてみて
一か月後のその子の状態が酷くても、これ以上快復する見込みがないから
治ったものと思ってほしいとの考えのようでした
しかも、先生は、う~ちゃんの状態を電話で聞いただけで
結局パスツレラ菌か、Ez症なのかも判断も出来ないままなのに、
諦めるなんて酷すぎます
私は、全然納得がいかないし、う~ちゃんは、まだお薬を飲まないと
ふらつきが激しい事も伝え、取りあえず、もう一週間分のお薬を処方してもらいました。

まさか、そんな事を言われると思っていなかったから
頑張ってるう~ちゃんに申し訳なくて
本当に挫けそうになりました。

でも、うさ友さん達が力になってくださり、同じ経験をされたKさんの
メッセージにとても励まされたり、うさ友さんのお友達の方の経験談で、
血清検査の数値でEz症かどうかの判断が
出来る事を知り、私も別の病院へ移る決心がつきました。
(うさ飼いさんの優しさに感動~です
皆さま本当にありがとうございました

その後、
血清検査をしてくださる病院を色々と探しましたが、
残念ながら、こちらでは一件も見つける事が出来ませんでした
それどころか、うさぎさんを看てくださる病院が本当に少なくて、
途方にくれてしまいました

。。。結局、うさぎ専門の病院ではないけど、電話で相談した時、希望が持てる
お返事をしてくださった先生の病院で診ていただく事にしました。

そして、昨日(土曜日)病院へ。。。
先生には、電話で症状を伝えていたのですが、う~ちゃんの状態を見て、
しばらく絶句していました。
ここまで酷くなると何処まで治るのか分からないないらしいのですが
先生の経験上、Ez症のお薬よりも、損傷した神経をの方を早く治した方が良いらしく、
そちらに効果のあるお薬を1週間分いただきました。
P1100837.jpg
私的には、早くEz症のお薬を処方して欲しい気持ちがあるので、
先生を本当に信じて良いのか、まだまだ不安はありますが。。。

せめてローリングだけでも止まれば、
一応、普通に生活出来ると思うので
早く治してあげたいです。。。

最後までお付き合いいただきまして
ありがとうございました


人気ブログランキングへ

にほんブログ村
いつも応援してくださって、ありがとうございます。
コメントの確認、お返事がなかなか出来ないので、
コメント欄を閉じさせていただいてます。ごめんなさい
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。